タカの雑記ブログ

日々の気づいたことについて書きます。

この画面は、簡易表示です

2018 / 10月

リンパと化粧品について

下半身は心臓から離れた位置にあるため、重力が影響してリンパの移動が悪くなることが一般的である。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパ液が少し悪くなっているという表れに過ぎないのである。
ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、人間の身体の中に澱のように溜まっている不要な毒素を体の外へ出すことを重視した健康法でカテゴリーとしては代替医療に区分けされる。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く表現した言葉である。
皮ふの奥で生み出された肌細胞は時間をかけて皮ふの表層へと移動し、結果的にはお肌の表面の角質層となって、約28日経てばはがれていきます。このサイクルこそが新陳代謝なのです。
例えば…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついているのでは?実はこれは掌の圧力をフルにほっぺたに当てて、繊細なお肌に不必要な負担をかけることに繋がっています。
美容外科というのは、人間の体の機能上の欠損や変形を修復することよりも、専ら美意識に従ってヒトの身体の容姿の向上に取り組む医学の一つで、自立している標榜科目のひとつだ。

化粧の短所:うっかり泣いてしまうとまさしく阿修羅のような恐ろしい形相になる。ほんのちょっと多くなっただけなのに下品になってしまい地雷を踏む羽目になる。顔の造りをごかますのにも甚だ苦労する。
患者さんはそれぞれ一人一人肌質が異なりますし、遺伝によるドライ肌なのか、もしくは後天性の要素によるドライ肌なのかに応じて治療法が変わりますので、意外と配慮が必要です。
化粧の欠点:涙が出る時にまさに修羅のような恐ろしい形相になってしまう。ちょっとミスしただけでケバケバしくなったり地雷になってしまう。顔をごまかすには限界をかんじるという点。
シワのない肌に欠かせないコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線をもろに浴びてしまったり合わない化粧品などによるダメージを繰り返し受けてしまったり、精神的なストレスが溜まったりすることで、失われ、遂には生成することが困難になっていくのです。
夏場に汗をかいて身体の中の水分が著しく少なくなると自然に尿量が減らされて代わりに体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められるため、この蓄積分の水分が残った状態こそがむくみの要因になっていると言われています。

見た目を装うことで精神的に元気になって大らかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も一緒です。私たちはメイクアップを己の内側から元気を発見する最良の手法だと信じているのです。
美容外科(plastic surgery)とは、正確には外科学のジャンルであり、医療に主眼を置いた形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは異質のものだ。更に、整形外科学と混同されがちだが全然分野が異なっている。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加している美肌水は保湿力が高いため皮膚に優しく、ドライ肌の人に効果があります。防腐剤や香料など一切使用していないため、敏感肌の人でもご使用いただけます。
ピーリングは、老化し役目を終えた角質層を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)し続けることで、新しくてすべすべの角質層に入れ替え、新陳代謝を28日周期に近付けようとする定番の美容法です。
頭皮は顔の肌と繋がっているため、おでこまではスカルプと同一だと捉えるのはあまり知られていない事実です。歳を重ねるにつれ頭皮がたるみ始めると、顔面のたるみの原因になります。




top