エシカルなライフスタイルのヒントに 10月19日 大阪・梅田でセミナー開催

エシカルなライフスタイルに興味がある、あるいは、企業市民としてエシカルに取り組みたい
――こうした方を対象に10月19日、大阪・梅田でセミナーを開きます。
エシカルの時代的な意味、具体的な取り組みについて各分野のゲストが分かりやすく解説。
またこの秋開講するエシカルカレッジの講座も同時にご案内します。
参加者には東北コットンを使用したハンドタオルをお土産としてお持ち帰りいただきます。

日 時:
2013年10月19日(土) 13:30~16:30 (13時開場)
場 所:
梅田阪急ビル オフィスタワー26階  第1・2会議室
アクセスはこちら
参加費:
1000円(資料代・お土産代含む)
講 師:
河口真理子氏(大和総研 調査本部 主席研究員)
近藤 健一 氏(大正紡績(株)取締役営業部長)
高見 豊 氏(丹波発ニューツーリズム実行委員会会長)

▲このページの先頭へ

記念講演『エシカスタイルが求められる時代』

講師:河口真理子氏(大和総研 調査本部 主席研究員)

河口氏の研究テーマは持続可能な社会づくりに向けて。企業が果たすべき役割についても多くの提言をしています。「おしゃれでステキな商品…手に取ったらその背景にはエシカルなストーリーがあった。そんなお得感のある商品が増えている」という河口氏。特にエシカルウエディングの提案は具体例にとみ、実現例もあるほど。今回の講演は、エシカルというライフスタイルについて理解を深める内容となっています。


かわぐち・まりこ

かわぐち・まりこ

一橋大学大学院修士課程修了(公共経済学、環境経済学専攻)、大和証券入社後、外国株式部、投資情報部を経て、大和総研で企業調査、経営戦略研究部長・主席研究員などを経て、2010年4月大和証券グループ本社CSR室長、広報部CSR担当部長に就任。12年4月から大和総研調査本部主席研究員。担当分野は環境経営・CSR・社会的責任投資。
役職その他:
NPO法人・社会的責任投資フォーラム代表理事・事務局長。
サステナビリティ日本フォーラム評議委員。
南山大学非常勤講師(04~07年)、
青山学院大学非常勤講師(2006〜2009年)、
東京都環境審議会委員(2007年〜現在)など。
著書・論文:
「SRIからESG投資へ-責任投資の歴史と金融市場への影響」
「『成長神話からの脱却』を考える」
「持続可能性『サステナビリティ』とは何か」
「お金の規律を考える」
「ステークホルダーとしての『責任ある消費者』と持続可能な消費」
「ダイバーシティ経営:いまだ『女性』が課題の日本企業」など。

エルカルカレッジ・ガイダンス

朝日ファミリー「エシカルカレッジ」が開講します。
どのような内容の講座が予定されているのかをご説明いたします。

東北コットンプロジェクト、なぜ始めたのか

ゲスト:近藤健一氏(大正紡績株式会社繊維事業本部長)

東北コットンプロジェクトは、津波により稲作が困難になった農地で綿(コットン)を栽培、さらに紡績、商品化、販売までを一貫して行うプロジェクトです。近藤さんの呼びかけから、5万人の雇用を創出するプロジェクトが立ち上がり、一気に広がりを見せようとしています。長期視点で被災地の復興を考えるプロジェクトの概要を語っていただきます。


こんどう・けんいち

こんどう・けんいち

クラボウの技術者として世界各国に工場を建設する傍ら各国の大学で自然科学を学ぶ。
米国サリー・フォックス氏を初めとする自然学者、現地農家と協働で
オーガニック綿花を使った独自素材を開発。
川中(織布・染色・編み立て・縫製)の匠・アパレル・デザイナーとも
直接コラボレーションし新たな価値観を生み出し、
現在は大正紡績繊維事業本部長兼東京事務所長として活躍中。


ふるさとつながりたい 奥丹波 ニューツーリズムの紹介

ゲスト:高見豊 氏(丹波発ニューツーリズム実行委員会会長)

「有機農業の先進地」兵庫県丹波市には、自然の恵みを生かした豊かな地域文化、 「丹(まごころ)の里」を体感できる貴重な産業・文化観光、エコ・グリーン・ヘルスツーリズムなどの素材が多く残されています。丹波を感じる旅、ふるさとを感じる新しい旅のスタイル=ニューツーリズムについてご紹介いたします。


たかみ・ゆたか

たかみ・ゆたか

日本野外生活推進協会(森のムッレ協会)会長
1990年兵庫県市島町の町づくり団体「ふるさと市島未来塾」理事に就任、
同塾主催でスウェーデンの幼児期からの環境教育「森のムッレ教室」を開くため日本で最初の「森のムッレ教室リーダー養成講座」を開催。
92年森のムッレ教育と野外生活の普及のため「日本野外生活推進協会」を設立、会長に就任。以来、日本でムッレ教育普及のために活動。
森のムッレ教室リーダー養成講座の講師、森林ボランティア講座を開設以来、講師として活動。


▲このページの先頭へ

参加方法 Entry

参加希望の方は、郵便番号、住所・氏名・年齢・性別を書き、下記いずれかの方法で事前にお申し込みください。
折り返し、参加証をお送りいたします。先着順。定員になり次第締め切り。
なお、参加費1000円は当日会場で承ります。

はがき: 〒530-8255(住所不要) アサヒファミリーニュース社「エシカル」係
FAX: 06-6201-1941 「エシカル」係
WEB: 応募フォーム
WEBからのお申し込みはコチラ

※お預かりした個人情報は、アサヒ・ファミリー・ニュース社と一般社団法人あだーじょが管理し、エシカルスタイルセミナーの参加証発送と事業ご案内のためだけに使用いたします。

▲このページの先頭へ